暮らしの器USAGIYA|HOME
HOME

BLOG
 入荷のお知らせ
 日々のつれづれ
 市民農園 

TOPIC

ONLINE SHOP 

FACEBOOK

USAGIYAのこと



お問い合わせはこちら

旧BLOG USAGIYAだより




TweetsWind

RSS



気温の変化が激しい今日この頃。
めずらしく、風邪をひいておりました。
皆さまもご自愛くださいね。

先日の三連休。
姉と、黄色い鳥器店さんで開催されている、
『橋本美貴子+西山千代子 二人展』に行ってきました。

爽やかな陽気、色づき始めているハナミズキ・・・
Img_a7ab8ec4eb50a56483d6f05621c507bc
美貴子さん、千代子さん、
お二人の作り出す世界を、じっくりと堪能しました。

二人展は、15日(日)まで開催されています。


さて、久しぶりに訪ねた国立市。
国立というと、昔々フルートの先生のお宅訪問をしたり、
いくつか思い出がありますが、
一番の思い出は、喫茶店の白十字(はくじゅうじ)さん!
Img_dd6de2f4b6f09473ceeddb242f74b3fd
昭和の香りのする、レトロな喫茶店です。
音大を卒業したばかりの頃、子どもたちにピアノを教えており、
年に一度、クリスマスの頃、ここ白十字さんで発表会をしていたのです。
本当に懐かしい。
店内は、まるでゆっくりと時が流れているよう。

焼菓子やケーキをお土産に。
Img_58127d97332d16d9879f81900be3ff74
ケーキの味も、とても懐かしかったです。


夜は姉と、今シーズンお初のお鍋。
Img_5520cbd836736f6ce47c6bc7fb9d1ffe
ワタクシと違って、とっても丁寧な仕事をする姉。
美しい盛り付けを、写真に収めておきました(笑)。
お皿は、〈十草〉の一尺の角皿。
我が家で一番大きなお皿です。
このブログの前回の記事でアップした写真の中で、
ガレットをのせていたお皿について、
知人から、「この器も砥部焼?」と尋ねられました。
はい、そうですー。
Img_eda24c0cfe92c56b083907d258d1b481
梅山窯さんの、六寸(縁がある分もう少し大きい)縁付皿です。
〈呉須花赤線〉という柄になるかしら。
気に入りのお皿です。
呉須花の文様が好き。
以前に描かれているところを見たことがあって、
器を見ていると、その見事な筆さばきを思い出したりします。

もう15年以上は使っている器。
Img_01beb4b6f77b082e4846e23e8caa33d5
上絵(透明釉を掛けて焼いた上からの絵付け)の赤は、
使っているうちに、少し剥げてしまっていますが、
それもまた自然なことですね。


今日は、器の収納棚のお手入れをしていました。
Img_dfd5cfd9a7e5a074ef75753074a72bd8
この棚は、
砥部焼の中くらいの鉢や皿などを置いているところ。
(一番上は、手が届かないので、使用頻度が少ない器)

器は概ね、
磁器/陶器/漆器(木器)/ガラス器で場所を分けていますが、
日々の使いやすさのためには、
見やすさ、
季節のこと、
それぞれの素材に合う場所、
そしてきれいに安全に、
考慮すべきことはいろいろ。

ふだん、収納場所に悩んで煮詰まることもありますが、
そんな時は、出しっ放しの自分も許し(笑)、
3月頃と9月頃にお掃除がてら整理すると、また気持ちが新たになります。
衣替えとまではいかないけれど、
少しそんな気持ち。
Img_a8bf69b2788feb7232d984211be8fdd2
ひとまず、この棚はしばらくこれで。

皆さま、
つばたしゅういちさん、英子さんご夫妻をご存じでしょうか。
映画『人生フルーツ』は、ご覧になられましたか。
Img_a43c058730ffe73f21c0d8f4eb934371
この4月、
本屋さんに並んでいたご夫妻の本と、偶然出会いました。
ちょうど市民農園を再開した頃で、
帯にあった「菜園生活」という言葉に、反応したのですね。

ぱらりと本をめくり、
「これは・・・きっと自分に必要な本だ」と感じて、身体がぞわぞわ?しました。
まず『ときをためる暮らし』『ふたりからひとり』を読み、
映画『人生フルーツ』が上映されていることを知りました。
そして、5月と6月に映画を観ました。
本を読んでいたので、大まかなことはわかっていたけれど、
やっぱり、涙が出てしまう映画。
もう一度観たいな。

その後『あしたも、こはるびより。』と『ひでこさんのたからもの。』も読みました。
4冊を何度も読み返しています。
この秋、新しく本が出版されるということで、とても楽しみ。

菜園のことはもちろんですが、
優しさや思いやりを、自由に、穏やかに、時に厳しく持ち続ける、
ご夫妻の姿はまさに道標だと感じています。


**


ご夫妻は砥部焼の器もお使いになられていて・・・
テーブルで、台所で、器がしっくりと暮らしになじんでいました。
松本民芸家具とももちろん似合う。
きっとご夫妻の生き方と「民藝」は、
深いところで静かに結びついている。


今回、ご夫妻のことを想いながら、
ONLINE SHOPに取り寄せる器を選びました。
実際に使われていた器や、
お家に似合いそうな器、
気に入ってくださるのではと思う器。
勝手な妄想もありますが・・・
Img_43298ae096400e332934510614745f9e
素敵なつばたさんご夫妻と、
大好きな砥部焼への、
私なりの、オマージュです。

ぜひ皆さまの「ふだんの器」にも、加えていただきたいなと思います。

私も、これからも砥部焼の器を大切に使っていこう。


ONLINE SHOPはこちらから。 ⇒暮らしの器USAGIYA|ONLINE SHOP
映画については、こちらのサイトをご覧ください。 ⇒『人生フルーツ』
先日、真夏の恒例行事に出かけました。
Img_1f451eb25a271158a04930688db44a62
はい、地元のブルーベリー農園へ。
Img_03edd6837f1b7eeac187a00ba72934c6
Img_f85df9c3a6a018184847f759268da689
たくさんの種類のブルーベリーを、
摘んで、食べました。
甘くて、本当に美味しかった。

ことしもいい汗、かきました。

摘み終わったあとは、農園で用意してくださっている麦茶で、一休み。
Img_62da22d2124e53034d95d054c58a8f90
このポシェットは、毎年ブルーベリー狩りの時に使っています。
両手が使えて便利!笑
友人の・・・もっと詳しく云うと
最初のUSAGIYAで仲良くなったお客さまの、お手製。
誕生日プレゼントにいただきました。
もう8年くらい前かしら。

今は遠く離れていますが、
こうして想うことができることが、幸せ。


こちらも、きれいな赤紫。
ブルーベリーではなくて・・・
Img_6efe40e4a1d4425b70035bc09382939e
ブルーベリー狩りに一緒にいった友人からいただいた、
お手製の紫蘇ジュース。
きりっとした爽やかさで、暑い季節にぴったりですね~~
ごちそうさまです。

毎年「梅仕事」をしているその友人は、
赤紫蘇を3kgも仕入れたそう!!
すごいなぁ。


紫といえば、
市民農園では、茄子のシーズン到来。
もう少ししたら、切り戻しかな?
Img_f0b458184b23cb34ac64aa6c2a1dadef
ジェレミーさん、
我が家に来てから3年目を迎えました。

到着したばかりの2年前 → (Click!) 
まだスリムだった1年前 → (Click!) 
Img_6cbf71a7bae76ea145ca565fbbb1a252
小さい頃は、いたずらも激しかったけれど、
2歳を迎えた4月頃からは、
すこーし、落ち着いてきた気がします。
(太ったせい??)
Img_045d04ddaf6df1207d6c77c7581f42af
Img_23db43ed0a2a747efe26c6bc53ac66f6
この表情に、降参です(笑)。


遊び道具で好きなものを、買ってきました。

ベルギーのシナモンクッキー。
の、袋を結んだもの。
(ブランドは問いません)
Img_0452d46b910208a0c61532420ff2270d
ひとり遊びでは、ジェレミーさんはこの結んだ袋をいじるのが大好き。
大きさがちょうどよいのかしら。
私が食べていると、もう足元で待っているほど。

私がおやつに楽しんだ後は、
ジェレミーさんのお楽しみになっています。