暮らしの器USAGIYA|HOME
HOME

BLOG
 入荷のお知らせ
 日々のつれづれ 
 市民農園

TOPIC

ONLINE SHOP 

FACEBOOK

USAGIYAのこと



お問い合わせはこちら

旧BLOG USAGIYAだより




TweetsWind

RSS



先日、真夏の恒例行事に出かけました。
Img_1f451eb25a271158a04930688db44a62
はい、地元のブルーベリー農園へ。
Img_03edd6837f1b7eeac187a00ba72934c6
Img_f85df9c3a6a018184847f759268da689
たくさんの種類のブルーベリーを、
摘んで、食べました。
甘くて、本当に美味しかった。

ことしもいい汗、かきました。

摘み終わったあとは、農園で用意してくださっている麦茶で、一休み。
Img_62da22d2124e53034d95d054c58a8f90
このポシェットは、毎年ブルーベリー狩りの時に使っています。
両手が使えて便利!笑
友人の・・・もっと詳しく云うと
最初のUSAGIYAで仲良くなったお客さまの、お手製。
誕生日プレゼントにいただきました。
もう8年くらい前かしら。

今は遠く離れていますが、
こうして想うことができることが、幸せ。


こちらも、きれいな赤紫。
ブルーベリーではなくて・・・
Img_6efe40e4a1d4425b70035bc09382939e
ブルーベリー狩りに一緒にいった友人からいただいた、
お手製の紫蘇ジュース。
きりっとした爽やかさで、暑い季節にぴったりですね~~
ごちそうさまです。

毎年「梅仕事」をしているその友人は、
赤紫蘇を3kgも仕入れたそう!!
すごいなぁ。


紫といえば、
市民農園では、茄子のシーズン到来。
もう少ししたら、切り戻しかな?
Img_f0b458184b23cb34ac64aa6c2a1dadef
ジェレミーさん、
我が家に来てから3年目を迎えました。

到着したばかりの2年前 → (Click!) 
まだスリムだった1年前 → (Click!) 
Img_6cbf71a7bae76ea145ca565fbbb1a252
小さい頃は、いたずらも激しかったけれど、
2歳を迎えた4月頃からは、
すこーし、落ち着いてきた気がします。
(太ったせい??)
Img_045d04ddaf6df1207d6c77c7581f42af
Img_23db43ed0a2a747efe26c6bc53ac66f6
この表情に、降参です(笑)。


遊び道具で好きなものを、買ってきました。

ベルギーのシナモンクッキー。
の、袋を結んだもの。
(ブランドは問いません)
Img_0452d46b910208a0c61532420ff2270d
ひとり遊びでは、ジェレミーさんはこの結んだ袋をいじるのが大好き。
大きさがちょうどよいのかしら。
私が食べていると、もう足元で待っているほど。

私がおやつに楽しんだ後は、
ジェレミーさんのお楽しみになっています。
先日実家の片付けをしていた時、
懐かしい、マドレーヌの型が出てきました。
Img_a2ce559159eff3e85cdefc2aff792a39
まさに、年季が入っております。

子どもの頃、
母がくり返しくり返し、マドレーヌを作ってくれたっけ。
優しい味で、おやつの定番でした。
当時私には決まった食べ方があって、
半分まで普通に食べて、
残り半分は、中の柔らかいところを先に食べて、まわりを残す。
最後に、その香ばしいまわりのところを食べる。
そう、好きなものを最後に残すタイプ(どうでもいいですね笑)。

母は、作ったマドレーヌを必ず専用のOPP袋に入れていました。
袋の模様はなんとなく覚えているのですが、今も売っているかしら。
(これかも!→ (Click!) 
きっと母も、よくマドレーヌを配っていたんだろうな。
私の「配りぐせ」は、たぶん母ゆずりです。


型は持って帰ってきました。
マドレーヌを作ってみようと思っていましたが、
思いつきで、初めてのエンガディナー作り。
Img_db11b4bd7f5bb2370f0f13409acd6fad
お菓子作りは、いつもなかしましほさんのレシピにお世話になっています。

上にのせた生地をきちんと閉じられず、
焼いているときにヌガーが溶け出てしまい、
「ヌガー感」があまりない残念な仕上がりです・・・
今度は分量など調節して、またこの型で作ってみよう。

母のマーマレードのレシピは、残念ながらわかりませんが、
伯母は近いレシピを知っているかもしれない。
再現してみたいです。


ところでこの昭和レトロな(本当に昭和の)可愛い柄のナプキン。
これも母が取っておいてくれたものです。
懐かしいー。
実家の片付けは、一歩一歩、少しずつしていますが、
進むにつれ、我が家に物が増えてゆく・・・
いかんいかん。とは思いつつ。
先日、また東京の西の方へ行きました。
Img_580f1530c78506da684637dec6cc5abf
Img_aedfef4e45849b8fc86ffdd21e72002d
今回は、父・姉と三人で。
父の誕生日会@黒茶屋さん。
私は10年ぶりくらいに訪れました。
年月を重ねた建物が素敵。

まずは前菜、
Img_86e49fc79e8046a243853ea474c364cb
Img_2826333031d0d6322b4ea09595e9e08e
Img_e86d5affa49022390be8cfc1aa4131b4
鮎に、山菜に、野菜もいろいろ...
野趣を感じるお料理の数々を満喫しました。

〆のお食事は、よもぎうどん。
ほっとする味でした。
Img_8fedea2d16008c47cde28d1840e0cf16
お腹いっぱいになった後は、敷地を散策。
眺めの良い場所には椅子がしつらえてあったり、
川魚の供養塔や東屋があったり、
お土産屋さん、ギャラリー、茶処も。
川辺では童心に帰って。
のんびりと、一日を過ごしました。
Img_b41b44c43ae132790f3347fc84f5a3e2
Img_617ca4baed96b6eecd6fdae1771c8ee9
Img_1cd5b774b139f5afc93ef1051e544e77
母や祖母がいないのは寂しいけれど、
父や姉と出かけると、また新たな関係、新たな時間を刻んでいるね、と話します。
楽しい時間を過ごすと、
一緒に過ごしたかった人のことを思い出すもの。
その気持ちも大切にして、
今だけの、この時間を、味わう。
幸せとは、なるものではなくて、
その瞬間に、感じるもの。だと思っています。

最後は、茶処にて(別腹、笑)。


そうそう、柚子もあきる野市の特産物なのですね。
知らなかったです。
お土産は、柚子のものいろいろにしましたよ。
Img_1acc48a2f260faf6e64d12dd66053989
Img_03534b339c6d293fdc80c11aaba66ee4
春にポットまきした、野菜の種。
ある程度の大きさになり、市民農園の区画に移植しましたが、いくつか余ってしまいました。
そこで、先週からプランター栽培を始めました。

我が家にあった、素焼鉢などを総動員。
Img_8d36f5399e68bbeb50d359482d4b1fca
リーフレタス、イタリアンパセリ、ミニトマト、などなど、
ひとまず植えたところの写真。

これらの鉢は、以前に花やハーブを育てるのに使っていたもので、
野菜には小さすぎるものもあるのですが、
その鉢なりの大きさになってね、という、
私の勝手な都合・・・ごめんなさい。


大きい鉢を購入する替わりに、
こういうものも、一つ、試しに。
Img_8f0273074e4b63332a5fa4b9a24ebffc
袋のままで栽培する、ヤシの繊維を使った培養土です。
植える面の反対側に指定の給水口を空け、水を注いで土を膨らませます。
膨らんだら上下を返し、給水口が排水口になるという仕組み。 ほほー。
使用前は軽くて容積も小さいので、
購入先から持ち帰るのもらくでした。


初めてのプランター栽培、どうなるかしら。
身近で見られるのはうれしいですね。
がんばろう!^^