暮らしの器USAGIYA|HOME
HOME

ONLINE SHOP 

BLOG
 入荷のお知らせ
 日々のつれづれ 
 市民農園
 その他のお知らせ

TOPIC

FACEBOOK

USAGIYAのこと



お問い合わせはこちら



RSS



砥部焼・梅乃瀬窯さんの四寸隅切皿とフリーカップです。
Img_1fce04c1c6ea02cde0f9e5b164f6d5ba
〈ドット〉の一粒一粒は、象嵌。
シンプルで何気ないですが、表情豊か。
深い呉須の藍色のドットの中に、
鉄の茶色のドットが一粒。
お子さんが見つけて喜んでくれるかしら。
大人の方がわくわくしたりして。

ほわっとした〈水玉〉は、
一つが器のふちにかかっています。
Img_590f513b7af16596799559deb86677a5
作り手のささやかな遊び心が、
使う楽しさを運んでくれます。

そしてやさしい触り心地の、梅乃瀬窯さんの器です。



詳しくは、暮らしの器USAGIYA|ONLINE SHOPのページをご覧ください。













砥部焼・森陶房さんの〈ブルー木の葉〉のカレー皿&たたら小鉢です。
Img_b5ab02b5087bd68da75efa01af560881
“たたら作り”は、スライスした板状の磁土を成形して作る技法。
ろくろとはまた違った温かみがある器です。
森陶房さんのこの定番のカレー皿&たたら小鉢も、
ぽってりとした厚みやかたちが魅力的な器。

それぞれ、食器として使いやすい器であり、
和紙染めなどの絵付けも心地よく、使う喜びを感じさせてくれます。
ブルーの涼しげな色合いは、夏の暑い季節にぴったり。

楕円のかたちのカレー皿は、
たとえば旬のフルーツを入れたりして、「かご使い」のようにするのも素敵です。
一器多用を楽しんでください。



詳しくは、暮らしの器USAGIYA|ONLINE SHOPのページをご覧ください。









砥部焼・梅山窯さんのカップ&ソーサーが入荷しました。
Img_c100683d604b7a876399780e551517d9
USAGIYAでも長くご紹介してきた〈十草〉の柄。
すっとした佇まいの「そば猪口型」のカップ&ソーサーには、
このシンプルな絵付けが映えて・・・とても魅力的です。

今回、〈たんぽぽ〉の柄も取寄せました。
綿毛がほどよく可愛らしくて、
上絵の赤色が印象的な器。
Img_973a4b7c7c0502341f25e208374d95ed
ご結婚など、人生の様々な節目の
お祝いギフトにもおすすめしたい器です。

コーヒーを飲む、そのひと時を、プレゼント。
Img_b52d39633be3bb653b4fe288818fc96e
あなたと、わたし。
こんな柄違いが、ほどよい距離感かもしれません。


詳しくは、暮らしの器USAGIYA|ONLINE SHOPのページをご覧ください。











ONLINE SHOPに梅山窯さんの器が新入荷&再入荷しています。
今日は〈太陽〉の絵付けの器をご紹介。

まずは、口当たりのよい丸湯呑みと、小さな三寸小皿。
Img_cbb951e4c76b9ffcc4d3f258518b20e3
この太陽という文様は、梅山窯さんの器の中でも、
特に様々なかたちの器に描かれています。
丸いかたちにも、平たいかたちにも似合う。
超・定番の文様。

古い古い文様ですが、
植物を思わせるような筆遣いは、砥部焼ならではだと思います。
生き生きとしたところが好きです。


また、砥部焼の〈太陽〉は、
呉須・赤で同じ柄があり、「おそろい感」を楽しめますね。

〈呉須太陽〉の藍色は、少し淡く、
〈赤太陽〉の赤色は、鮮やか。
Img_a45521e291dc961af6deda2c86647a72
四寸角の銘々皿は、
絵付けの美しさが際立つかたち。

また、それぞれ単色なので、他の絵付けの器とも合わせやすい。
愛らしい箸置きは、きっと重宝しますよ^^
Img_16ff16e3e27a47d74aada608bea7fcd0
Img_f31b66bf0856035d39c933f8018579bb
詳しくは、暮らしの器USAGIYA|ONLINE SHOPのページをご覧ください。























砥部焼・梅山窯さんのティーポット・お湯呑み、梅乃瀬窯さんの五寸丸皿が入荷しました。
Img_8fde763b6684e6e58830bbb4cbf64429
お茶をいれて、飲むのは、
心を大切にするため。
和みの時間が、心を温め、整えてくれる。
そんな和みのひと時に、この砥部焼の器も使っていただけたらと思います。
きっとお役に立てるはず。

〈呉須巻〉の平湯呑みは、大好きな器です。
何気ない器なのですが、
単に磁器に呉須が巻かれているだけではない、
デザインの美しさを感じます。
少し大きめなのも、ポイント。


ティーポットは、
つばたしゅういちさん、英子さんのご本によると、
長年ご愛用されている器のよう。
砥部焼には、長く作られ続けている器が多いです。
時が流れて、手が変わっても、引き継がれていく。
淘汰や少しずつの変化を重ねながら。
作られ、使われ、続いていくことは、
決して簡単なことではないと思います。

今回入荷した〈ひまわり〉は、
若干、掻きキズがあります。
でも器としてはちゃんと使えますので、
丸ごと愛していただければ幸いです。


梅乃瀬窯さんの五寸丸皿〈花唐草〉は、
絵付けがとても丁寧に施されていて、
思わず見とれてしまいます。
Img_4727378951077a6ce1e99407b6c96ea2
詳しくは、暮らしの器USAGIYA|ONLINE SHOPをご覧ください。



すぐにご注文ページに進む方は、こちらからどうぞ↓