暮らしの器USAGIYA|HOME
HOME

BLOG
 入荷のお知らせ  
 
日々のつれづれ 
 市民農園

TOPIC

ONLINE SHOP 

FACEBOOK

USAGIYAのこと



お問い合わせはこちら

旧BLOG USAGIYAだより




TweetsWind

RSS



まぶしい陽射しのもと、
じゃがいも〈にしゆたか〉を収穫しました。

植えたのは6個。
茎や葉は枯れた状態に。
Img_214713aa7060460b2b3634390a88e0af
9月上旬に植えて、結構大きく育ちましたが、
花は咲かなかったのですよね。
地面の下はどうなっているか…ドキドキ。

収穫は・・・
Img_5343b67e1594c0d28b36ee7150138214
ひとカゴ分でした^^
小さーいものも大事に収穫。
一株から、3~4個ほどでしょうか。
大きいものは、寒さのせいか、収穫が遅れてしまったせいか、
割れてしまったものもありました。

今回、土の中に埋めて保存してみようかとも思いましたが、
たくさんではないので、持ち帰りました。
帰宅後は、早速味見です。
Img_636af317b177dc71efa9d0b380da19f3
バター&ハーブソルトで。
割れてしまったおいもにしましたが、美味しかった。
手前みそではありますが、
収穫したものを最初に食べるときは、
何とも、満たされた気持ちになります。

〈にしゆたか〉は、
水分が多く、ねっとりとした食感でした。
煮込み料理によさそうです。

ということで、お夕飯は、
Img_94bae0d73c4c67b985b987153517a9cc
定番の肉じゃが。
いつもお水は加えずに、野菜の水分と調味料で煮ます。
〈にしゆたか〉は、全く煮崩れず(きれいなエッジ!)、よい具合に味が染みて、
ねっとり・まったり、美味しかったです。

ホクホク感はほとんどなかったですが、
コロッケも食べたいなぁ。
水分が多いのを、どう工夫するか・・・

**

畑は霜柱シーズンに入りましたが、
11月中旬に植えた玉ねぎ、今のところ皆順調です。
大きくはなっていませんが、根は張っているよう。
がんばれがんばれ。
Img_fe7d38305a947780ceeaac39c7394822
いつもながら遅いのですが、
冬越しして育てる野菜の育苗中です。
Img_c521a2d256e0ee4c175389ae032987a2
のらぼう菜↓は、10cm高さくらい。
秋じゃがいもを収穫したら、移植する予定。
Img_fe45bf428f7b41adf29f4d06482415d2
Img_33a8a2b912fde43973befe7d644f775d
こちら↑は、黒キャベツ。
まだ緑色ですけれど^^;
本葉には、あの大きな葉のかたちの片鱗があるかな?

寒さに強く、煮込み料理向きということで、
冬に楽しめるといいなと思います。


グリーンピースは、蒔いてから一週間ほど。
あら、よく見ると、芽が少しだけ顔を出してる^^
Img_aa2b544fac53e9c835605ebb0c76b28d
5年前に一度、グリーンピースの種を蒔いたことがあるのですが、
借りていた場所が、冬の時季の陽当たりがあまりよくなかったこともあり、
春を迎えることができませんでした…。
冬越しに再挑戦です。
目指せ、お豆ごはん。


そうそう、びっくりしたのはロメインレタスの種。
Img_aecbf9cfd3d1a2923dd311d32528d73c
9月初めに種を蒔いて、
全く芽が出てこなかったので、もうあきらめていたのですが、
11月下旬、急に芽が出ました。
発芽のきっかけは何だったんだろう。
まだまだ、知らないことばかりです。

これから移植して、冬の畑で大きくなるかしら。
プランターの方がいいのかしら。
とにかく、いろいろ試しましょう。

先週、市民農園の畑に
玉ねぎの苗を植え付けました。

品種は、4~5月頃に収穫する早生です。
はるばる山口県から届きました。

取り寄せた苗は、50本。
残さず植え付けようと、50個分の穴をあけ…
(大きい穴は、元からあいている穴)
Img_198624f84fab58573f7e1f30b296dae2
一本一本、丁寧に。
Img_56ead2e32c1bd2fcb688d3bd3a96e4e7
ふー。
2時間、黙々と作業しました。
いや、時々苗に話しかけていたかも(笑)。


冬、霜柱で苗が浮き出てしまった時は、
なるべく早く植え戻すことが必要になるのだけれど、
しっかり管理できるだろうか…
(5年前は、そのことを分かっておらず…)

本格的な冬が来る前に、少しでも根が活着しますように。


市民農園の借用期間は約二年間。
抽選の運がよく、切れ目なく借りられたとしても
玉ねぎ栽培は二年に一回なので…
次の機会のために、記録を残しておこう。↓


<今回の作業記録>
・肥料は米ぬかと油かす
・根は、活着を促すため3~4cm長さに切り揃える
・割り箸を使いながら、やや深めに差し込む
・根元の丸い部分が少し出るように苗を上に引き上げつつ、土をしっかり押さえて固定する
早、11月も半ば。

秋の陽射しが、まぶしい。

上旬に茄子やピーマン類も終わり、
市民農園も晩秋の雰囲気です。
Img_33194768fb02231e53d162665b7e2221
真ん中に茂っているのは、じゃがいも。
ようやく小さな花芽が見えました。
葉や茎に栄養がいってしまった感がありますが、
地面の下は、どうなっているでしょうか。
Img_c53bba257696a7ff93a6e52196e41f79
Img_c619f13be9957d8e470f571b285c0b5f
子安三寸人参は、一割ほどしか発芽させることができませんでした・・・
何とか数本育っています。


水菜やスティック春菊は、青々と。
ほうれん草の成長は、ゆっくりゆっくり。
Img_8d8b091ed837eeced6fc28c95ae01749
Img_8571bad7c56e382c077baa7eaf1b34ae
Img_b9393cc2b80ba17e60cf30e84f27de8d
寒くなって、元気に成長したのは、↑イタリアンパセリ!
春に種をポット蒔きして移植しましたが、
夏の間は、ミニトマトの陰になっていたこともあって、小さいままでした。
イタリアンパセリは、寒さに強いのかぁ。

さて、今日の作業は、畝立てとマルチング。
Img_508055e7fea31d42d91f3c4ec54e9a21
ここには、玉ねぎ苗を植える予定です。
玉ねぎは、初めて市民農園を借りた年以来、5年振り、2度目の挑戦。
無事に冬越しできるかどうか。
霜柱との闘い、がんばろう。
昨日まで5日間ほど雨降りが続いて、
今朝は久しぶりの陽射し。
ただ晴れるのは今日だけとのことで、
急ぎ、市民農園へ。
Img_4eede0c43367c873a197c40dda4e61e7
じゃがいもは少々徒長気味かもしれませんが、
皆、まずまず元気です。
現在植わっているのは、
夏から引き続きの、茄子・ピーマン類・落花生・モロヘイヤ・イタリアンパセリ、
秋からの、人参・スティック春菊・サラダミックス・じゃがいも・ほうれん草・水菜。

今は、水菜の収穫時期。
種まきから5週間ほど経ちました。
Img_1370e92f93cc23636cd7d773ac004536
分けつがだいぶ進んでいます。
いつの間にか草丈も伸びていて、
立派に大きく、美味しく育ちました。

外側の茎は折れやすいので、なるべくそうっと根元を切ります。
水菜の収穫は特に優しさが必要ですね。

ほうれん草は、これから、という感じ。
Img_3362017b47ab5e1640bc3ad0b7c53515
大きくなあれ。
寒い時季には「ちぢみ」になる品種。
これから冬にかけて何回か種まきをしてみる予定です。

あと半月ほどしたら、落花生も収穫できるかしら。
その頃は、茄子やピーマン類も終わりの時季ですね・・・
Img_031d650d53209957e021e47906e9f71b
秋本番の、市民農園です。