暮らしの器USAGIYA|HOME
HOME

BLOG
 入荷のお知らせ
 日々のつれづれ 
 市民農園

TOPIC

ONLINE SHOP 

FACEBOOK

Life kitchen cafe

USAGIYAのこと



お問い合わせはこちら

旧BLOG USAGIYAだより




TweetsWind

RSS



久しぶりにLifeのお客さんになりました。
先日の日替わりごはん。
Img_295c6eec85d5b50aeb8b91f62a341fe8
主菜は、チキンカツorサーモンまたはカジキマグロの香草(ハーブ)焼。
写真はサーモンの香草焼です。
副菜は、のらぼう菜と豚肉の塩炒め、筍の土佐煮など。

のらぼう菜とサラダに使っている紫水菜は、
八王子のFIOさんの有機野菜です。


久しぶりに味わう、レモンジンジャー。
Img_cd94b885aa1d0ab9d7657cc22c319ea9
コルクの山が、ね(笑)。


以前shuushuuの作る料理を「ふだん料理」と名付けました。
つい毎日選んでしまう、心地よいふだん着のような、
そんな料理を召し上がっていただきたいと思っています。
皆さまの暮らしに寄り添うごはんを作ることができたら、喜びです。


ふだんからお世話になっている
近所のお店の方々やお客さまにも
ちょこっとお会いしました。
そして近所のイノウエベーカリーさんにもお邪魔しました。
完売直前、最後のひとつ(バゲット)を購入。
よかったぁ。
小麦の味と香りがしみじみ感じられて、とても美味しい。


皆さま、いつも本当にありがとうございます。

Img_e4c5b84c4d79d0751e0af7b3cd1cb560
Img_9f79f07aa20f076948100887cd2e4cf5
Img_e55e2663aed3515c1f8349df493f1e41
おかげさまで日替わりごはん&お弁当が人気で、
今なかなかデザートまで手が回らないらしいです。ごめんなさい。
焼菓子はなるべく切らさないようにしているようです。

お家で、Lifeの味を。
Img_3bad35ea60410ce4b0f2486128e0a393
Img_fe16692f682b9c6e668d9bd2af79e721
ぜひ、お召し上がりくださいませ。
区画は3m四方。
初めての正方形です。
Img_523bc66dbbc601ed685944624bc6efd2
まずは、
じゃがいもを植え付け、
ビーツ・ラディッシュ・小松菜を直まき、
ハーブ等を移植し始めたところです。


最初の年なので、
堆肥と苦土石灰は、JAさんにより区画整理前にあらかじめすき込まれています。

ことしの土づくりは、
腐葉土と、初めて米ぬかを使いました。
元肥は、油かす(これも初めて)です。

一昨年までの2期4年間は、
肥料などは「使いやすさ」「手軽さ」重視で、
あまり深くは考えずに、化学的なものも使っておりました。
でもことしからのテーマは、より有機農法に近づくこと。

わずか9㎡の区画ですし、
期間も2年間ですから、じっくり系統立ててできるわけでもありません。
でも、ここはこれから先も農地であるでしょうし、
何より野菜を健康的に育てたい。
そしてそんな野菜を食べたい。
たいせつに調理して、大好きな砥部焼の器に盛りつけたい。

土づくりにどんなものを使うか、
肥料はどんなふうに使うか、
野菜どうしをどう組み合わせるか・・・
今まで教わってきたことや、少しの経験もふまえながら、
ことしはもっといろいろな知識を学び、
考えて、試して、育てて、味わっていきたいと思っています。

その楽しさに気づかせてくれた友人に感謝です。


早起きにも慣れてきた今日この頃。
Img_f5968ae81147673e78f59dc0b67dc998
朝の空気は、とにかく清々しい。
先日友人と、館林市にある
群馬県立館林美術館に行って来ました。
Img_6b2c511d395408dd0e95679714855eca
「フランソワ・ポンポンのシロクマを観に行こう!」がきっかけ。

清宮質文(せいみやなおぶみ、1917-1991)の版画もとても興味があり、行ってみることにしました。
Img_afc6a3c5b4619c7614408b9040a15e71
清宮の版画のモチーフは、とてもシンプル。
色を丁寧に摺り重ね、深みのある世界を作っていったそうです。
自分の内面と向き合い、作品を生み出す。
どんな仕事(お金を得ること得ないことにかかわらず)も同じなのでしょうね。
そこでどこまで踏ん張れるか…
Img_be2c738f86da8e65214cdae290df5158
展覧会などに行くのは、どんな作品かを観ることはもちろんですが、
作者がどんな時代をどんな風に生きたか、
それを学ぶのが目的のようなところもあります。


館林美術館は、広々~としていて、
とてもリラックスできました。
ポンポンのアトリエを再現した別館もあります。
Img_0131f302e08634564c405da8c29a700f
Img_dfb5f9ec8acf761aacee8a1f2a3984e4
Img_626ff651917760deb7f2aabc643bdb8c
自然豊かな場所にある美術館に行くのが、大好き。
今日あたり、館林市も桜が満開になっていることでしょう。


今回は多々良駅で下車して、
春の陽射しの中、美術館までてくてくと歩きました。
美術館に向かう途中、麦畑が広がっていました。
30cmくらいに育った、青々とした葉。
その麦畑で、特徴のある鳥の鳴き声が…
友人が雉の鳴き声だと教えてくれました。
必ず“つがい”でいるとのこと。
行きには雄の姿を、帰りには雌の姿を見ることができました。
美しかったです。

いつか館林駅で下車して、
製粉ミュージアムにも行ってみたいなぁ。
今朝はNHKの番組『こころ旅』で、
松山の景色を見ることができました。
久しく訪ねていないので、本当に懐かしかった…
細部まで見入ってしまいました(笑)。
今晩の『とうちゃこ版』も、しっかり観なくては。

さて、今日は告知です!
明日4月7日(金)19時30分からNHK BSプレミアムで放送される『美の壺』は、
「砥部焼」がテーマです。
とっても楽しみ!
皆さまもぜひ、ご覧ください。

数ヵ月前に、番組の制作の方から
カフェの方へお問い合わせをいただいたようなのですが、
詳しいことは知りませんでした。

先週、生石窯の西山千代子さんから、
番組で取り上げられますとお知らせのお葉書をいただいたのです。
Img_d89c6cb0feafba33c654a4cc2615296e
千代子さん、ありがとうございました^^

このお葉書は、日本橋高島屋で開催された
『料理雑誌四季の味 春の食器展』のご案内でもありました。
うっかり、松山で行われるものかと勘違い…
4月4日まででした。
行ってみたかった…残念(涙)。


千代子さんの字は、可愛らしくて(ごめんなさい)、
いつ見ても心和みます。
Img_d41b9c1e6cc461f3e3a707b42dd32f2f
素敵な切手は、ざくろの柄。

ざくろ酒につづいて、ざくろの実。
と、一人喜ぶ私なのでした。


『美の壺「砥部焼」』には、
工藤省治先生も(もちろん?)出演されるようです。
番組に関する情報は、こちらをご覧ください。 → (Click!) 
ソメイヨシノも、ようやく見頃。
Img_fb46fe96145779f856d09246aa1657a9
今日はこの桜の下でお弁当を食べました。
ようやくほっとできる暖かさになって、うれしい。


春。

この10年ほどお世話になっていた
町の本屋さんが、3月末で閉店されました。


『暮しの手帖』はこの本屋さんで、と決めていました。
それは、本屋さんのお母さんにお会いするのが楽しみだったから。

レジの前には、いつも手に取りたくなるような本が並べられていました。
話題の本もさりげなく並べられた、お母さんセレクトの本が、
きらきらとして見えました。
素敵な本との出会いも、いくつもさせてもらいました。
おしゃべりも、たくさんさせてもらいました。

そんな本屋さんの閉店、
寂しいけれど、去りゆく時を見送ることも大切なことですね。


春のいつもの…を差し上げたところ、
なんとお返しをいただいてしまいました。

Img_22156357427851a2d7e22f6642c0b8a8
お母さん手作りの、ざくろ酒。
「眠る前に、お湯で割って飲んでみて」
という優しい言葉とともに。
なんてきれいな色なのでしょう・・・
大切にいただきます。


50年もの長い間、営業されていたことを想うと、
本当に頭が下がります。
お母さん、ありがとうございました。
そして、どうぞお元気で!