暮らしの器USAGIYA|HOME
HOME

ONLINE SHOP 

BLOG
 入荷のお知らせ
 日々のつれづれ 
 市民農園
 その他のお知らせ

TOPIC

FACEBOOK

USAGIYAのこと



お問い合わせはこちら



RSS



それはいかにも“実習室”。

Img_7737595b99e54023e06bcef826aa0c6a84b4e137
この夏に初めておこしてみた、ハーブやトマトの酵母、
そして作ってみた酵母のパン。

それが本当に美味しくて、
これからも作り続けていきたいと、
強く思った次第なのです。


とはいえ、酵母も生きもの。
これは独学だけでは・・・と思い、
先日酵母の講座を受けてきました。
旬の素材を使うのですが、
「和梨」がテーマでした。


受講後、一つの梨を半分にして二つの瓶でおこしてみましたが、
テイスティングしてみてびっくり。
なぜか味が違う。
(てっきり同じものができると思っていた)

まず味わって、受け入れて、
理由やいろいろについては、
これから経験を重ねる中で、素材に教えてもらおうと思いました。
自分で仕込むものだけれど、
自分で作るものではない。
自分は環境を整える係りなんだと、まず実感。


**


さて、和梨という素材の酵母は
パンを焼くことよりも
調味料として使うことに向いているのですが、
作ってしまいました。
“和梨酵母のパン”。

膨らみは控えめですが、
香ばしくて、なんというか雑味がなく
すっきりとした味わいのパンが焼けました。

水と梨、そして粉と塩だけ。


Img_b5a5f7d73534955f507ad70278df17ccaf6efe45
このかたちのパンを私が作ると、
どうしても下のところが割れて、膨らんでしまいます。


ということで、決めました。
笑ったように割れる、
「笑うパン」
と呼ぼう。


USAGIYA