暮らしの器USAGIYA|HOME
HOME

ONLINE SHOP

BLOG 
 入荷のお知らせ
 日々のつれづれ
 市民農園
 その他のお知らせ

TOPIC

FACEBOOK

USAGIYAのこと



お問い合わせはこちら



RSS



それはいかにも“実習室”。

Img_7737595b99e54023e06bcef826aa0c6a84b4e137
この夏に初めておこしてみた、ハーブやトマトの酵母、
そして作ってみた酵母のパン。

それが本当に美味しくて、
これからも作り続けていきたいと、
強く思った次第なのです。


とはいえ、酵母も生きもの。
これは独学だけでは・・・と思い、
先日酵母の講座を受けてきました。
旬の素材を使うのですが、
「和梨」がテーマでした。


受講後、一つの梨を半分にして二つの瓶でおこしてみましたが、
テイスティングしてみてびっくり。
なぜか味が違う。
(てっきり同じものができると思っていた)

まず味わって、受け入れて、
理由やいろいろについては、
これから経験を重ねる中で、素材に教えてもらおうと思いました。
自分で仕込むものだけれど、
自分で作るものではない。
自分は環境を整える係りなんだと、まず実感。


**


さて、和梨という素材の酵母は
パンを焼くことよりも
調味料として使うことに向いているのですが、
作ってしまいました。
“和梨酵母のパン”。

膨らみは控えめですが、
香ばしくて、なんというか雑味がなく
すっきりとした味わいのパンが焼けました。

水と梨、そして粉と塩だけ。


Img_b5a5f7d73534955f507ad70278df17ccaf6efe45
このかたちのパンを私が作ると、
どうしても下のところが割れて、膨らんでしまいます。


ということで、決めました。
笑ったように割れる、
「笑うパン」
と呼ぼう。


USAGIYA
今日だったようです!

Img_0ea2cfce489dfbf5a5d4f7ab217cb971fef8baec
赤と黄に分けたかったので、
ついでに数えてみました。
今日の収穫、89個!
でした。


なぜ分けたかったかというと、
黄色だけでトマトソースを作ってみたく・・・^^;

爽やかなレモンイエローのソースが出来上がりました。

Img_0a53de942862640cac7b08d8a08cec21af138274
味はトマトなんですけどね。
なんだか不思議な感じですね。

黄は赤のトマトより甘みが強いので、
とっても甘いソースになりました。


添えたバジルが
なんだか柑橘の木の枝みたいに見えてきます・・・


USAGIYA
ジャムに続いて
初めて作ってみたのは
アイコでおこしたトマト酵母です。

Img_66f66f1f14d27e689245c133a923e9b1dbbb7884
先月、初めて
「ハーブ酵母」をおこしてみましたが、
「実」を使うのは、ちょっと緊張。
はたして上手くいくのかな、と。

冷蔵庫から出して約一日、
しゅわっとしました。
独特の風味!


二日目の昨夜、パンの生地を捏ねました。
今朝、生地はぷわーっと膨らみ…

Img_edf57eb00d91f416922400528d0379b00f1d29d9
香ばしく焼き上がりました。


トマトの栄養で酵母が育ち、
呼吸をして、
その息で膨らんだパンを見ていると、
あらためて「トマトのいのち」を感じます。


USAGIYA
市民農園の収穫は、
きゅうりまつりが終了。

交替するかのように、
トマトまつりが始まりました。

Img_4dcdab9bfca26c0e3a592ff82a5d77d6c16da80c
中玉トマトとミニトマト「アイコ」です。
アイコがとにかく元気で、
一日でカゴいっぱいです。

アイコは赤と黄を植えましたが、
赤い実の方が、すぐ目に入ります。
人間の目は、そういうふうにできているのかな。


時々口に入れながら収穫。
完熟した実は、本当に美味しいです。


トマトジャムを作りました。

Img_ca048eb5bae3353758d2bea0f9fab34eff35f5a5
毎夏、トマトジャムを作ってくれた
友人のようには
もちろん上手く作れませんが…

甘酸っぱい、夏の味を思い出しました。


USAGIYA
タイトルが長いですが^^;


先日、主人が丹後に住むお姉さんに
教わったひと品です。

うっかり、収穫するのが遅くなって
大きくなりすぎてしまったきゅうりを使うのが、
この料理のポイント。
そして、このひと品は
“解毒”作用があるのだとか。


昨日、
うっかり(うっかりです)我が家の市民農園でも
大きくなってしまったきゅうりが・・・

Img_3371f7e6a1d73440bec67a5c762e57c0c1e1a922
こんな具合に。


さて、始めましょう。


きゅうりは一部皮をむき、
種の部分をスプーンで取り除きます。

Img_c140a9dc52657d9c3b68d46b1bbc30f1c5c7dfd4
Img_4281baab941a092736df0d0274faf8e87fff1960
そして、きゅうりは1.5cm幅に切ります。
じゃがいもは2cmの角切りです。
生姜は摩り下ろします。
Img_9a6532984a49255c250d0a1cb462449d0dfd3de8
水と酒を入れた鍋で
きゅうりとじゃがいもを煮ます。
あくを取ったら、砂糖・しょうゆ・白だしで味付け。
じゃがいもが柔らかくなったら、
おろし生姜と生姜汁を入れて出来上がり。


今回は、片栗粉でとろみをつけました。

Img_d1a34cc7fa065fa80e1c6f6f31337c09d58a6bd4
最初は主人も
「きゅうりを煮る?」
と思ったそうですが、
とっても美味しい!
じゃがいもとの相性も◎。

なんだか体もすっきりするような気がします^^


大きなきゅうりが出来たときは、
ぜひ、おためしを。

お姉さん、ありがとうございました。


USAGIYA